はちみつ実験


全て日本蜜蜂のはちみつですが、採った時の見た目は色の違いだけでしたが、時間経過と共にそれぞれ全く違う表情に変化しています。

タイトルに"実験"なんぞ大げさに書いてしまいましたが、
実際のところ

  • 採蜜した日の時間と天気と気温
  • 巣箱の設置場所
  • どの位の期間住んでる群から採ったのか?
  • 糖度と水分量


記入して、経過観察をしつつ、たまにつまみ食いをする程度なので、実験とは程遠いかもしれません。

しかも5年間もの歳月をかけ、50検体ほど観察をしているにもかかわらず、残念ながらこれと言った大発見はほぼありません、、、

が、もうすぐ完成するであろう"発酵はちみつ"をつくる工程には大いに役立ってる

そう思うと、「無駄ではない」と自分に言い聞かせています笑

はちみつは、もともと蜜蜂の巣の中にあったもので、それを蜜蜂が花から集めてきたものでできています。
そして、その花はどういう場所に、どんなふうにあったのか?
「蜜蜂や蜜源と言った自然」に依存した部分。

そのはちみつを、いつ、どのような方法で採り、どんな行程を通り瓶に封入されたか?
「取る時期や採り方、瓶詰め」の工程といった僕に依存した部分。

できたものからではなくて、どうできたのか。

その”こだわり”をはちみつと一緒にビンに詰めています。

以上

友人が面白がって作ってくれました!!

嬉しい♪

追伸
途中の玉川大学の中村先生のお言葉をパクっています。
『ホンモノを見分ける科学 ~ハチミツの真正評価~』農学部先端食農学科/ 中村 純 教授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。