気の毒すぎる運命

師匠

おとこ蜂は女王と交尾する為だけに出てくるき、仕事はせん!
女王が交尾して用済みになったら巣から追い出さるる。

数年前、何も知らない僕は師匠にこの黒いのが女王蜂ですか?と尋ねると「オス蜂」だと教えてもらい、同時にオス蜂の可哀想に思えてしまう習性も教わりました。

デっカイ目は上空を飛ぶ女王蜂を発見しやすくする為に進化したと言われています。

日本蜜蜂のオスの特徴

  • 全体的に体が黒い
  • ずんぐりした体
  • 大きな丸い目
  • お尻を振ってドタドタ歩く
  • ちょっと鈍くさい。
  • 針がない

蜜蜂のオス蜂は春の繁殖期に出現し、梅雨が明ける頃には殆ど見られなくなります。

新しい女王蜂も春に産まれてきますが、その時期と同じなんですよ!!

つまり”子孫を残す為”に出現します。

しかも

男子は上空で女王蜂と交尾に成功した瞬間に生殖器は切り離され本懐を遂げ、そのまま墜落してしまう、、、らしい

上記の内容によると

爆死って、、、壮絶過ぎますね

なかなか女王様にアプローチの出来ない男子は繁殖期が終わると巣から追い出される、、らしい
自分で食料の調達が出来ないオス蜂はやがて邪魔者扱いされても仕方ないのかもしれませんね。

しかし稀に、ごく僅かですが秋になっても雄蜂を見ることがあるんですよ。

「コイツは女子から人気で世渡り上手なのかも?」とか「実は頑張って家事をしてるんじゃなかろうか?」とか勝手に妄想して楽しんでいます笑

イケイケで使命を果たし早死にする男子と、なかなかアタック出来ずほんの少し長生き出来る草食系男子。

どっちにしても残酷な運命な気がしてなりませぬ。

下記画像は去年の夏に発見した動けなくなったオス蜂

数メートルの距離に巣箱がありますが、そこから追い出された男子なのかもしれませんね。
もしそうなら、
「女王様に上手くアプローチ出来なかったのか?元々その気も無かったのか?」

またまた勝手な想像をしつつ、何も出来ないので元いた場所にそっと戻しました。

そうそう

不思議な事にオス蜂には母親しか居ないんですよ。

これはちょっと難しい内容で、僕にまとめる事が出来たら記事にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。