日本蜜蜂 梅雨時アルアル

春の分蜂期が落ち着き、梅雨が来て、蜜蜂にとっても我々人間にとっても厳しい夏が間もなくやって来ますね。

この梅雨〜夏にかけて福8堂の設置した巣箱には"ある変化"が起こる時期でもあるんです!

分蜂期も終わり、新たな入居が見込めないハズの時期にもかかわらず、ありがたい事に福8堂の巣箱へ蜜蜂群が続々と入居してくれ、今年は梅雨入居群をなんと6群も確認してるんですよ!!!!!

そしてこの時期に入居する群にはある共通点があります。

共通点

  • 人里から近い里山に設置した巣箱で
  • 近くに日本蜜蜂を飼育してる人が沢山いる
  • つまり日本蜜蜂激戦区
  • 分蜂入居ではなく逃蜂群?の入居が多数
  • なので入居時から貯蜜量がそこそこある

といった共通点があります。

多分と言うかほぼ確実に別の場所から引っ越してきた群が、僕の設置した箱に入居してくれるんです。

前の住まいから引越して来ているので、ある程度の貯蜜をした群が”はちみつ”と一緒に入居してくれるのでズッシリ重い!!!

春の分蜂期に里山では、僕の設置した巣箱への入居はほぼ無いにもかかわらず、気温が上がる梅雨時期に入居してくれるには、僕なりの見解があります。

入居の理由

  • 蜜蜂を飼育してる人が、分蜂期に捕獲や誘引をして強引に巣箱に入れる
  • そーいった人達の蜜蜂の取り合いが起こる
  • その地域は激戦区となる
  • 蜜蜂が自ら選んだ場所ではないので住環境が劣悪な場合もある
  • 住環境が気に入らない蜜蜂が引っ越しを始める
  • その引っ越し先が福8堂の巣箱♫

棚からぼた餅!!ラッキー♫
とか、
分蜂球の捕獲や誘引材の使用がダメだと言っているのではないですよ。

欲を出して、蜜蜂が行きたい所に行かせてやらず、自慢したいのかわかりませんが、
「今年は◯◯群捕まえた」
とか言う人が結構いるんですよ。

そーゆー人に限って、夏になると「和蜂は気まぐれやき、すぐ逃げる」
とか言うんですが、

はっきり言って

「アンタのところが嫌だからどっかに行っちゃうんでないの?」(心の声)

って事なんですよ。

実際、福8堂の巣箱から夏に居なくなる群は0ではありませんが、非常に少ないんですよ。

極めつけに、そーゆー人の共通点なんですが、
「私は趣味だから」とか言いながら、分蜂期になると
「アンタの箱の横に巣箱を置かせてほしい。入ったら移動するから」
とか言っちゃって
本気でやってる人間の足を引っ張っちゃってる事にすら気が付かないから蜜蜂が逃げちゃうんで無いの?図々しいにも程があるわい笑 (心の声)

はちみつに限らずですが、

半ば強制に縛り付け、何らかのストレスを抱え生産されたもの。

自由に思いのまま生産されたもの。

僕は後者の、日本蜜蜂にストレスや負担を掛けず、蜜蜂が集めた”ありのままの本物”をビンに詰めています。

毎年、激戦区付近で梅雨時に起こる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。